SPI工法(空気が設計した家)は外断熱・自然通気工法により設計する省エネルギー住宅の技術です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

省エネ住宅の目指すところとは

新築でも既存の住宅でも、家庭のエネルギー消費において、約30%を占めているのが暖冷房です。みなさんが求めている省エネ性能の高い住宅とは、この暖冷房に要するエネルギーの消費量をいかに抑えることができるかという住宅のことです。冬においては、室内の温かい空気が外に逃げないこと、夏においては、室外からの熱が室内に侵入させないことだけで、少ない暖冷房エネルギーで快適に過ごすことができるようになります。そのため今までの既存住宅でも重要なのが、冬に熱を逃がさない「断熱の手法」と、夏に熱を侵入させない「日射遮蔽の手法」です。また、省エネルギー住宅は、エネルギー消費を抑えるだけではありません。「断熱」と「日射遮蔽」の手法により、①冬は「部屋の中の暖かい空気が逃げず、暖冷房をしても部屋内や部屋間の室温がほぼ均一の家」になる。②「北側の風呂もトイレも寒くなく、結露をしない家」になる。③夏は「室外からの熱気が入らずに涼しい家」「エアコンが弱運転でも良く効いて、朝・夕は風通しの良い家」が実現できるのです。つまり、新築でも既存の住宅でも冷暖房に要するエネルギーが少なくて済む家、それが「省エネルギー住宅」=「快適な住宅」であるといえます。もう一つは、省エネルギー住宅の基本は、家が長持ちすること。カビ・ダニ発生や構造材の腐朽の原因となったりする結露もなく、生活空間内の温度差も少なくなるので、ヒートショックによる健康被害も防止できます。つまり、その季節に応じて本当に暮らしやすい生活空間が作れる。それが「省エネ住宅」=「健康的な住宅」でもあることです。SPI工法はそれらを目標に造られています。でもSPI工法で言う、家の造り方が間違っていてはそれらを実現することはできません。機械だけに頼らず、自然をうまく取り入れた省エネ住宅を造りたい場合には、ぜひご相談ください。間取り図や具体的な設計図面等がある場合には、ぜひご相談ください。
スポンサーサイト

給湯器の浴室リモコンについて

浴槽にお湯が入ったままで浴室の給湯器リモコンにスイッチが入っていると、無駄なエネルギーを消費しています。最新式の給湯器は自動湯張りや追い焚きなどいろいろな機能がついており、何から何までこなしてくれます。お風呂の湯温を40度に設定しておくと自動的に保温機能が働き一定の温度を保ってくれます。保温機能とは、約30分ごとにお湯の温度をチェックして、温度が下がっていれば設定温度まで追い焚きする機能のことです。また、全自動タイプの場合は、浴槽に人が入った時にも自動的にお湯の温度をチェックして、温度が下がれば設定温度まで自動的に追い焚きをします。保温機能が働いているときは、リモコンに「保温」と表示されますがこれに気付く人は少ないと思います。従来の機種には、保温時間が変更できないものもありますから、取扱い説明書を確認しておき、こまめにリモコンのスイッチを切るようにすることが省エネにつながります。あとは家族が続けてお風呂に入り最後の人がお湯を抜くとか、新しく浴室を造られる方は、湯量が少なくても一人で十分に浸かれるタイプの浴槽を選べば省エネ効果も最適ではないでしょうか。

ゲリラ豪雨・雷雨とは

最近では異常気象が当たり前のようになっています。気温は上昇したと思えば冷夏になったり。さらに大雨が一気に降るゲリラ豪雨、雷を伴うゲリラ雷雨などが頻繁に起こっています。
ゲリラ豪雨・雷雨は、集中豪雨と呼ばれていたものが、最近では突然、一気に大雨が降るゲリラ的な雨の降り方からゲリラ豪雨、雷を伴うゲリラ雷雨と呼ばれるようになっています。
そもそもゲリラ豪雨・雷雨は夕立とは違い、予測不可能であり、目安として直径10kmから数十kmの範囲に時間雨量50ミリを超える場合を言います。
最近では80ミリを超えるようなものもあり、死亡事故なども頻繁に起こっています。
排水システムは時間雨量50ミリを想定しており、これを超えると地下水などの氾濫が起こります。さらに床上浸水などの被害も多くなります。
ゲリラ豪雨・雷雨の原因は積乱雲です。
地上の暖かく湿った空気が上空の冷たくて乾いた空気と混ざり合うことで、大気が不安定になります。
このことで積乱雲が発生しやすくなり、積乱雲が局地的な大雨を降らします。
特に夏場は太陽によって地表が異常に暖められているため、上空に冷たい寒気が流れ込むとゲリラ豪雨・雷雨が発生しやすくなります。
地球温暖化によるゲリラ豪雨・雷雨
最近になって集中豪雨がゲリラ豪雨、雷を伴うゲリラ雷雨と呼ばれるようになったのかといえば、予測が難しい上に今までの想像を超えるような大雨が頻繁に降るようになったからです。
その原因は地球温暖化とされています。
都市部などは特に夜になっても気温が下がらず、局部的な温暖化になっています。これは最近叫ばれている「ヒートアイランド現象」です。
気温が上がると大気中に含まれる水蒸気が増えるため、積乱雲が発達しやすくなり、強い雨の回数が多くなるのです。

泥棒が入りにくい家とは

「母さん助けて詐欺」や新手の詐欺などで目立ってはいませんが、ここ最近泥棒が急増しているそうです。今までに被害にあったことがないからと言っても、犯罪を防ぐためにも、取られる前に未然に防ぐ対策が必要と考えられます。まず泥棒が犯行をあきらめる基準の一つが、家に侵入するまでの所要時間だそうです。
侵入するのに10分かかると、ほとんどの泥棒があきらめてしまうそうです。
つまりは侵入口である窓や玄関の開錠や破壊行為に10分間持ちこたえれば、被害にあう確率も少なくなるといえますから2重、3重の施錠がポイントです。また、泥棒は近所の人や通行人など、人目につくことを最も嫌うよう
ですから、近所付き合も少なく、建て込んだ「新興住宅地」が狙われやすいのは、こういった理由からと考えられます。ですから家を造るときはもちろん既存の住宅にも泥棒が入りにくい環境つくりが必要で、泥棒が嫌がることを数点紹介しておきます。
①.近所の人に声をかけられたりジロジロ見られること
②.ドアや窓に補助錠(2重)が付いるから
③.犬がほえるから
④.警備システムが付いているから
⑤.窓に丈夫な面格子がついているから
⑥.防犯ビデオカメラが付いているから
⑦.窓が破りにくい合わせガラスになっていたから
⑧.センサー付ライトがついているから
⑨.「空き巣に注意」、「声かけ運動」などの看板があったから、
だそうです。

夏場の生活発熱について

家の中では様々なところから熱が出ています。照明器具、冷蔵庫、テレビなどの電気製品、調理中の厨房、お湯の入った浴槽、家の中にいる人からも一人当たり60Wの電球と同じくらいの熱が発生しています。
 これらの熱は、その家に暮らす人数によっても異なりますが、年間平均で1m2あたり16.7KJ/h(4.63W)ほどとされていますから、床面積120m2の住宅では常に1時間あたり550Wの熱が発生していることになります。
 この熱は一般的な住宅の室内気温を約1℃上昇させますが、Q値の小さい断熱住宅などでは室内気温を4℃近く上昇させますから、室内気温に約3℃の差が出ます。調理などで大量の熱を発生させるときはもっと大きな温度差になるでしょうから、一般住宅と比べると「1ヶ月も早く冷房を・・・」という話は誇張ではありません。
 この傾向は、蓄熱熱容量の大きい外張り断熱の建物よりも、蓄熱熱容量の小さい充填断熱の建物のほうがそうなりやすい傾向にあるようです。それは断熱・気密性能が良いほど熱や水蒸気が溜まりやすくなると言うことです。
 「室温が3℃以上も高くなるのなら、真夏にはもっと大変なことになるのでは?」と心配されるかもしれませんが、確かに冷房をしなければ室温があがってしまいます。しかし、断熱の良い建物は外の暑さの影響を受けにくいので外気温度が高くなると空調に必要なエネルギーの消費量は断熱の悪い家よりも少なくてすみます。
このことからも、外断熱・自然通気工法の家は、季節に合わせた暮らし方ができるので、消費エネルギーを最小限に抑えることが可能です。
プロフィール

SPI

Author:SPI
SPIイグティブ社一同によって作り出されるブログです☆

家つくりに興味のある方や家をたてようと思っている方ぜひご覧くださいませ♪

SPIイグティブ社株式会社HP
     ↑↑↑
当社ホームページへ移動できます♪

SPI工法とは?
SPI工法は、「空気が設計した家」です。 建物全体に空気が流れ、内部で発生した熱や湿気を自然に排出し、一年を通して爽やかな住宅環境を提供します。冬場は外断熱の利点を充分生かして暖かな室温を保ち、夏場は過剰な熱気や湿気を溜め込まない構造が、まるで木陰のように爽やかで心地よい住空間を生み出します。 年中快適で湿気にも強い、まさにここ日本の風土に最適な工法です。
カレンダー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
HPリンク
FC2カウンター
イベント情報
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。