SPI工法(空気が設計した家)は外断熱・自然通気工法により設計する省エネルギー住宅の技術です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ暖房器具の出番です。

関東では本格的な西風が吹いてきました。これからは寒い日が毎日続き、石油ファンヒーターやホットカーペット、コタツなどの暖房器具が手放せない季節となりました。

しかし、しっかり暖房をかけているはずなのになんだか温まり方が悪い、部屋がすぐに冷えてしまうと言うことはありませんか?

これは部屋の断熱性能(保温性)が悪いと言うことですが、この断熱性能の悪さは壁断熱や窓ガラスの厚み(断熱複層ガラス)と窓の大きさと隙間風が原因と考えられます。特に隙間風があるような場合は、暖まった空気が抜けて冷たい空気が直に入ってきてしまいますから、冷え方もひとしおです。ドアや窓がアルミサッシでもその隙間風対策をするだけで防寒・暖房費はかなりの節約になります。

部屋の断熱性を上げるための隙間風対策としては100円ショップやホームセンターに行くと様々なすぐれ物が売られています。ドアや窓の開口部の隙間はスポンジ系、それ以外の壁や床の隙間ならば、「充填用パテ」やチューブタイプの「シーリング剤」などを使うと良いでしょう。

しかし、隙間風を塞いで、暖房効率を上げるのは良いのですが、気密性が良くなる分注意も必要です。

例えば、石油ファンヒーターや開放型の石油ストーブが燃焼で消費する酸素の量と、結果排出される二酸化炭素や一酸化炭素の量はかなりのものです。あまりに気密性が良い部屋だと、知らず知らずのうちに空気がかなり悪くなっていることがあります。隙間が少ない分自然に空気が入れ替わらないので、意識的に窓をあけたりして換気をする必要があります。
また、水蒸気が多く発散される分、湿気もこもりやすくもなりますので、結露やカビなどに悩まされることもありますから、結露防止の対策も必要です。
スポンサーサイト

住宅断熱の目的とは

住宅断熱は室内と室外の境界における熱の出入りを抑制し、冷暖房設備の依存率を減らして室温を確保することを目的としているのですが、最先端技術を導入しているほとんどの住宅会社が全館冷暖房による暮らし方を薦めているようです。
しかし、住まいは時代の流れによって暮らす人数や使う部屋数も変わりますから全館冷暖房・空調設備という考えかたはお薦めできません。

暮らしが夫婦二人だけになったり、昼間は勤めに出て誰もいないときだってあります。
その点SPI工法は住宅断熱の施工方法、冷暖房や換気設備に関する考え方をしっかりと持っていますから、使用している部屋の冷暖房だけで各部屋間の温度差を解消することが出来るので冷暖房に要するエネルギーも大幅に削減できます。

逆に住宅を全館連続暖房している場合は暖房エネルギーを大幅に削減できるといっていますが、どのレベルを対象に削減できるといっているのかがよくわかりません。
一般住宅はビルや店舗と違って全館という考え方は止めた方がよいのでは、住宅が消費するエネルギーを適切に使うためにも私達はこの点をよく検討すべきではないでしょうか。

断熱材がなくてすいません。

住宅版エコポイントのお蔭で、
SPI工法の外張り専用断熱材「SPI断熱パネル」もここにきて納期が遅れ気味になっています

加盟店の皆様にはご負担をお掛けしておりますが、
外張り工法はどうしても断熱材が先張りになってしまうため工程のやりくりがつかなくなってしまいます

なるべく早めにご発注をいただき、断熱材の納入日が確定してから基礎工事並びに上棟日の工程組をして頂きたいと存じます

この状況がいつまで続くのかはいまのところわかりませんが、
5月ころまで続くとの見方もあるようです

住宅の断熱性能を高めるためのポイント

今お住まいの住宅で暖房機を連続して運転しなければ、
室内の温度が保てない住宅は、
それだけ断熱性能が悪い住宅だということになります


隙間から冷気が浸入して来る箇所をふさぐことも必要ですが、
サッシ、マドガラス部分から熱が逃げる率が一番高いので、
厚手のカーテンを設置したり、
簡単な方法としてはビニールシートをマド開口部に張るなど
何らかの断熱方法で熱が逃げるのを防ぐことが暖房効率も向上し省エネ効果につながります

主暖房機は1階で使用することが基本的な家の暖房方法です

やっぱり気密化は必要です。

ECO・省エネ住宅志向で温熱環境:等級4の家をいくら高断熱化しても隙間があってはダメです。

隙間があると断熱性能は低減してしまいます。

気密化とはカンタンにいえば「隙間をなくす」ということです。

現在の家の断熱工事は、断熱の効果はともかく熱材の厚さだけでその家の断熱性能が判断されているのが実情です。

木造軸組工法の住宅は、床、壁体内部、天井裏、小屋裏空間は必然的につながっています

また小屋裏と床には換気口を設けられているので、空気が自由に出入りでき、壁体内部にもかんたんに空気が入ってきます。

この壁体内部の空気の流れを「壁体内気流」と呼んでいます。

この壁体内気流を防ぐためにも気密化はたいへん重要な作業といえます。

いくら断熱材だけを強化しても、例えばグラスウールなど繊維系断熱材は、簡単に気流(空気)を通してしまいますから夏場、外の熱い空気が壁体内に流れ込むと、せっかく冷房で冷やした空気を暖めることになってしまいますから断熱効果が思うように得られません。

また、気密化にすることで隙間風を防ぐことができます。



昔の住宅には隙間がたくさんありました。

そこから隙間風が入ってくる、熱が逃げる、連続して冷暖房機を運転していなければ一定した温度が保てないなど、それは熱エネルギーを損失しているということで、これを防ぐことも断熱工事とともに気密性の重要な目的のひとつです。

ただし、ひとつ注意することがあります。

隙間がなくなるというのは、つまり自然換気の機能を失うということす。

ですから建物内の空気が停留して動かなくなり何らかの弊害を及ぼす危険性がありますから、計画的な換気手法(機械と自然をつかった換気計画)が必要になるということです。
プロフィール

SPI

Author:SPI
SPIイグティブ社一同によって作り出されるブログです☆

家つくりに興味のある方や家をたてようと思っている方ぜひご覧くださいませ♪

SPIイグティブ社株式会社HP
     ↑↑↑
当社ホームページへ移動できます♪

SPI工法とは?
SPI工法は、「空気が設計した家」です。 建物全体に空気が流れ、内部で発生した熱や湿気を自然に排出し、一年を通して爽やかな住宅環境を提供します。冬場は外断熱の利点を充分生かして暖かな室温を保ち、夏場は過剰な熱気や湿気を溜め込まない構造が、まるで木陰のように爽やかで心地よい住空間を生み出します。 年中快適で湿気にも強い、まさにここ日本の風土に最適な工法です。
カレンダー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
HPリンク
FC2カウンター
イベント情報
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。