FC2ブログ

SPI工法(空気が設計した家)は外断熱・自然通気工法により設計する省エネルギー住宅の技術です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快適に暮らせる家つくりのポイント1

住宅の断熱工事の目的は外気室内の温度差、の移動を遮断することです。

が移動する現象として身近なものには次の3つがあげられます。

「伝導」「対流」「輻射」で、これらを適切に制御できることが「住宅断熱の技術」といわれています。

 つまり住宅断熱の工事は「いかにを断つか」、「の移動をいかに防ぐか」ですがその断熱工事よって伴う弊害などもよく考慮したうえでの家つくりとしなければいけません。

「伝導」とは物を伝わってが移動することで、伝導の簡単な事例としてはアルミのヤカンです。
 アルミのヤカンは伝導率が高いので、お湯を沸かすのには適しているのです。
 伝導というとわかりにくいですが、物体を伝わって、が移動しているのだと考えればいいのです。

 「対流」とは空気はを伝えることはできませんが、空気が移動することでを移動させることができます。
 これは、冬に窓を開ければ冷たい風が入ってくるといったように、空気の移動によってが移動する現象のことで、エアコンやファンヒーターに内蔵されたファンの役目は、本体から放出されるの移動を手助けしているのです。

 「輻射」とは目には見えませんが、あるものからはが直接放射されているということです。 
 「源と輻射」、簡単に言うとを発するものはすべて「輻射」を放出するとなっています。
 源は暖かいの放射だけはなく、冷たいも放射しますから冬の窓ガラスの前は特に寒く感じるのです。
 の移動を利用した床暖房は「伝導」と「輻射」、この2つの移動を利用した暖房設備といえます。

 「の移動」と「体感温度」の関係について (体感温度には同じ家族でも個人差があります)
室内空間における体感温度とは、一般的には窓・壁・床等の表面温度と室温の平均温度のことをいいます。
断熱性能の高い住宅ほど室内の表面温度が室温に近くなるので設定温度が低くても暖かく感じます。
この「の移動」の原理を良く理解して造られている住宅が最もすぐれた省エネ住宅だと言われています。
プロフィール

SPI

Author:SPI
SPIイグティブ社一同によって作り出されるブログです☆

家つくりに興味のある方や家をたてようと思っている方ぜひご覧くださいませ♪

SPIイグティブ社株式会社HP
     ↑↑↑
当社ホームページへ移動できます♪

SPI工法とは?
SPI工法は、「空気が設計した家」です。 建物全体に空気が流れ、内部で発生した熱や湿気を自然に排出し、一年を通して爽やかな住宅環境を提供します。冬場は外断熱の利点を充分生かして暖かな室温を保ち、夏場は過剰な熱気や湿気を溜め込まない構造が、まるで木陰のように爽やかで心地よい住空間を生み出します。 年中快適で湿気にも強い、まさにここ日本の風土に最適な工法です。
カレンダー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
HPリンク
FC2カウンター
イベント情報
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。