SPI工法(空気が設計した家)は外断熱・自然通気工法により設計する省エネルギー住宅の技術です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窓の大きさは適正な大きさで・・・

このたびの大震災で、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く皆様の生活が回復に向かわれますよう心よりお祈り申し上げます。
日本の住宅は昔から窓面積が比較的大きめです。窓を大きくすると開放感が得られて日射によって室温を高めることもできますが、逆に夏は冷房エネルギーが必要となります。また、窓は断熱材と比較すると、断熱性能がかなり劣りますから、窓面積が大きいと熱の損失がそれだけ大きくなります。このように窓は熱的に考えるとプラスにもマイナスにも作用しますので、今後住宅を設計する場合には窓による影響を十分に検討することが重要です。不要な窓をなくして、大きな窓を適当な大きさの窓にすることなどが住宅の省エネ・耐震性能を高めるのには最も効果的な方法なのです。
スポンサーサイト
プロフィール

SPI

Author:SPI
SPIイグティブ社一同によって作り出されるブログです☆

家つくりに興味のある方や家をたてようと思っている方ぜひご覧くださいませ♪

SPIイグティブ社株式会社HP
     ↑↑↑
当社ホームページへ移動できます♪

SPI工法とは?
SPI工法は、「空気が設計した家」です。 建物全体に空気が流れ、内部で発生した熱や湿気を自然に排出し、一年を通して爽やかな住宅環境を提供します。冬場は外断熱の利点を充分生かして暖かな室温を保ち、夏場は過剰な熱気や湿気を溜め込まない構造が、まるで木陰のように爽やかで心地よい住空間を生み出します。 年中快適で湿気にも強い、まさにここ日本の風土に最適な工法です。
カレンダー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
HPリンク
FC2カウンター
イベント情報
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。