SPI工法(空気が設計した家)は外断熱・自然通気工法により設計する省エネルギー住宅の技術です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家も人と同じように家も呼吸をしています。

火災保険の値上げと同時に一戸建て住宅にも適用された
省令準耐火構造による火災保険料の割引制度の施行実施。

私たちがその政策に対して心を痛めることは、
暮らす人の健康は考えず、家を燃えにくくすることで、
国はもとより大手住宅会社や保険会社の思惑通りとなる
政策だがらと思われるからです。

建物を密閉型にすると通気性を失ってしまい、
家本来が持っていた健康性や
老朽化に対する抵抗力といったものを
消耗しているといっても過言ではありません。

国の政策は断熱性能や気密性能を高める密閉型住宅の方向ばかりで、
密閉した空気を冷房したり
暖房したりして冷暖房に要するエネルギーを削減、
つまりは一年中エアコンディショナーを使って
暮らしなさいといっているようなものです。

それに加えて省令準耐火構造省で建物をより密封化して
家を燃えなくすると言うものです。

これでは省エネルギー住宅の考え方、流れは
間違っているのではないでしょうか?

家は太陽光の直射を受ければ表面は60℃以上、
冬は0℃以下と温度差が激しく、冷蔵庫並みの断熱性能がなければ、
密閉住宅はたちまち結露して家が腐ってしまいます。

例えれば、昔の木で作った冷蔵庫の中に住んでいると
思ったほうがわかりやすいかもしれません。

せっかく木造住宅の家を造るなら、そこに住む人の健康はもちろん、
家の健康も考えて造られた、
まさに呼吸をしている住宅を選ぶべきではないでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

SPI

Author:SPI
SPIイグティブ社一同によって作り出されるブログです☆

家つくりに興味のある方や家をたてようと思っている方ぜひご覧くださいませ♪

SPIイグティブ社株式会社HP
     ↑↑↑
当社ホームページへ移動できます♪

SPI工法とは?
SPI工法は、「空気が設計した家」です。 建物全体に空気が流れ、内部で発生した熱や湿気を自然に排出し、一年を通して爽やかな住宅環境を提供します。冬場は外断熱の利点を充分生かして暖かな室温を保ち、夏場は過剰な熱気や湿気を溜め込まない構造が、まるで木陰のように爽やかで心地よい住空間を生み出します。 年中快適で湿気にも強い、まさにここ日本の風土に最適な工法です。
カレンダー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
HPリンク
FC2カウンター
イベント情報
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。