SPI工法(空気が設計した家)は外断熱・自然通気工法により設計する省エネルギー住宅の技術です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ暖房器具の出番です。

関東では本格的な西風が吹いてきました。これからは寒い日が毎日続き、石油ファンヒーターやホットカーペット、コタツなどの暖房器具が手放せない季節となりました。

しかし、しっかり暖房をかけているはずなのになんだか温まり方が悪い、部屋がすぐに冷えてしまうと言うことはありませんか?

これは部屋の断熱性能(保温性)が悪いと言うことですが、この断熱性能の悪さは壁断熱や窓ガラスの厚み(断熱複層ガラス)と窓の大きさと隙間風が原因と考えられます。特に隙間風があるような場合は、暖まった空気が抜けて冷たい空気が直に入ってきてしまいますから、冷え方もひとしおです。ドアや窓がアルミサッシでもその隙間風対策をするだけで防寒・暖房費はかなりの節約になります。

部屋の断熱性を上げるための隙間風対策としては100円ショップやホームセンターに行くと様々なすぐれ物が売られています。ドアや窓の開口部の隙間はスポンジ系、それ以外の壁や床の隙間ならば、「充填用パテ」やチューブタイプの「シーリング剤」などを使うと良いでしょう。

しかし、隙間風を塞いで、暖房効率を上げるのは良いのですが、気密性が良くなる分注意も必要です。

例えば、石油ファンヒーターや開放型の石油ストーブが燃焼で消費する酸素の量と、結果排出される二酸化炭素や一酸化炭素の量はかなりのものです。あまりに気密性が良い部屋だと、知らず知らずのうちに空気がかなり悪くなっていることがあります。隙間が少ない分自然に空気が入れ替わらないので、意識的に窓をあけたりして換気をする必要があります。
また、水蒸気が多く発散される分、湿気もこもりやすくもなりますので、結露やカビなどに悩まされることもありますから、結露防止の対策も必要です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

SPI

Author:SPI
SPIイグティブ社一同によって作り出されるブログです☆

家つくりに興味のある方や家をたてようと思っている方ぜひご覧くださいませ♪

SPIイグティブ社株式会社HP
     ↑↑↑
当社ホームページへ移動できます♪

SPI工法とは?
SPI工法は、「空気が設計した家」です。 建物全体に空気が流れ、内部で発生した熱や湿気を自然に排出し、一年を通して爽やかな住宅環境を提供します。冬場は外断熱の利点を充分生かして暖かな室温を保ち、夏場は過剰な熱気や湿気を溜め込まない構造が、まるで木陰のように爽やかで心地よい住空間を生み出します。 年中快適で湿気にも強い、まさにここ日本の風土に最適な工法です。
カレンダー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
HPリンク
FC2カウンター
イベント情報
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。