SPI工法(空気が設計した家)は外断熱・自然通気工法により設計する省エネルギー住宅の技術です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏場の生活発熱について

家の中では様々なところから熱が出ています。照明器具、冷蔵庫、テレビなどの電気製品、調理中の厨房、お湯の入った浴槽、家の中にいる人からも一人当たり60Wの電球と同じくらいの熱が発生しています。
 これらの熱は、その家に暮らす人数によっても異なりますが、年間平均で1m2あたり16.7KJ/h(4.63W)ほどとされていますから、床面積120m2の住宅では常に1時間あたり550Wの熱が発生していることになります。
 この熱は一般的な住宅の室内気温を約1℃上昇させますが、Q値の小さい断熱住宅などでは室内気温を4℃近く上昇させますから、室内気温に約3℃の差が出ます。調理などで大量の熱を発生させるときはもっと大きな温度差になるでしょうから、一般住宅と比べると「1ヶ月も早く冷房を・・・」という話は誇張ではありません。
 この傾向は、蓄熱熱容量の大きい外張り断熱の建物よりも、蓄熱熱容量の小さい充填断熱の建物のほうがそうなりやすい傾向にあるようです。それは断熱・気密性能が良いほど熱や水蒸気が溜まりやすくなると言うことです。
 「室温が3℃以上も高くなるのなら、真夏にはもっと大変なことになるのでは?」と心配されるかもしれませんが、確かに冷房をしなければ室温があがってしまいます。しかし、断熱の良い建物は外の暑さの影響を受けにくいので外気温度が高くなると空調に必要なエネルギーの消費量は断熱の悪い家よりも少なくてすみます。
このことからも、外断熱・自然通気工法の家は、季節に合わせた暮らし方ができるので、消費エネルギーを最小限に抑えることが可能です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

SPI

Author:SPI
SPIイグティブ社一同によって作り出されるブログです☆

家つくりに興味のある方や家をたてようと思っている方ぜひご覧くださいませ♪

SPIイグティブ社株式会社HP
     ↑↑↑
当社ホームページへ移動できます♪

SPI工法とは?
SPI工法は、「空気が設計した家」です。 建物全体に空気が流れ、内部で発生した熱や湿気を自然に排出し、一年を通して爽やかな住宅環境を提供します。冬場は外断熱の利点を充分生かして暖かな室温を保ち、夏場は過剰な熱気や湿気を溜め込まない構造が、まるで木陰のように爽やかで心地よい住空間を生み出します。 年中快適で湿気にも強い、まさにここ日本の風土に最適な工法です。
カレンダー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
HPリンク
FC2カウンター
イベント情報
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。