SPI工法(空気が設計した家)は外断熱・自然通気工法により設計する省エネルギー住宅の技術です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結露発生による弊害と対策

■空気が冷やされると空気中には水蒸気が含めなくなりますから、冷たい箇所で結露が発生
特に室温の低い北側の部屋に結露・カビ・ダニが発生しやすいのもこれにあたりますから、多少冷気が気になっても北側に面する部屋の扉を常に開けておくことで結露の発生を抑制することができます。 

■締め切った押入や納戸、クローゼットの中も空気が滞ると結露やカビが発生しやすいので、来客のない場合などは常に扉を開けておくと良いでしょう。
対策は部屋の隅々まで空気が流れるような換気・通気・通風の方法を考えること、工夫すること。
 冬でも小さめのおもちゃみたいな扇風機を利用する人がいますが、これもそれにあたります。

■洗濯物を室内に干したり、開放型の石油ストーブ・加湿器を使うと結露が発生しやすいのは当然のことです。
換気扇を回して発生した余分な水蒸気を早く外に出すことです。

■家の中の温度と湿度が高くなりすぎると結露まで至らなくても、カビ・ダニの生育条件を満たすことになってしまいます。
建物内全体の温湿度と換気をコントロールすることできればカビ・ダニの生育も押さえることができますから、これらが適切にコントロールできる住宅が最もすぐれた住宅だと言われています。
(カビ・ダニの予防には、これ以外にもこまめな掃除も必要です)

※ 外出先から家族が衣服につけて持ち込む場合もありますから、家の中からカビ・ダニをまったく0にすることはできません。

1㎡当たりに3匹いるのか2000匹いるのか・・・の違いです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

SPI

Author:SPI
SPIイグティブ社一同によって作り出されるブログです☆

家つくりに興味のある方や家をたてようと思っている方ぜひご覧くださいませ♪

SPIイグティブ社株式会社HP
     ↑↑↑
当社ホームページへ移動できます♪

SPI工法とは?
SPI工法は、「空気が設計した家」です。 建物全体に空気が流れ、内部で発生した熱や湿気を自然に排出し、一年を通して爽やかな住宅環境を提供します。冬場は外断熱の利点を充分生かして暖かな室温を保ち、夏場は過剰な熱気や湿気を溜め込まない構造が、まるで木陰のように爽やかで心地よい住空間を生み出します。 年中快適で湿気にも強い、まさにここ日本の風土に最適な工法です。
カレンダー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
HPリンク
FC2カウンター
イベント情報
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。