SPI工法(空気が設計した家)は外断熱・自然通気工法により設計する省エネルギー住宅の技術です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷やしすぎに注意

最近、節電と言いながらもスーパーの中、
電車の中、ビルの中とどこでも冷房が効いています。

いや効きすぎている事がよくあります。

冷房の効きすぎは、体を冷すのでよくありません。
冷房は室内の気温だけでなく体温まで一緒に下げてしまいます

冷房の効いた部屋にずっと居ると知らず知らずのうちに体温が下がっているのです。

冷房の中で暮らす人たちの中には汗がかけない、
体温調節がうまく出来ない人が多いのもそれらが原因のようです。

体が冷えると免疫性も落ちてくるので病に掛かりやすくなります。

ガンにしても、うつ病にしても、
何らかの病気になっているほとんどの人が体温が低く、
36度に届いていない人が多いようです。

特に、ガンが進行している状態の時や、うつ病になったり、
不登校で引きこもったりしている人は35度にも届かないほど体温が下がっているそうです。

低体温症になるのは、交感神経緊張から来る血管収縮によって、血流障害が起こるためです。
低体温症になると、さまざまな病気を併発します。

最初は手や足など、末端の冷えから、肩こり、頭痛腰痛、便秘が発生し、
やがてそれが内臓系の疾患へと広がっていくのです。

冷房が危ないと言う理由はここにあるのです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

SPI

Author:SPI
SPIイグティブ社一同によって作り出されるブログです☆

家つくりに興味のある方や家をたてようと思っている方ぜひご覧くださいませ♪

SPIイグティブ社株式会社HP
     ↑↑↑
当社ホームページへ移動できます♪

SPI工法とは?
SPI工法は、「空気が設計した家」です。 建物全体に空気が流れ、内部で発生した熱や湿気を自然に排出し、一年を通して爽やかな住宅環境を提供します。冬場は外断熱の利点を充分生かして暖かな室温を保ち、夏場は過剰な熱気や湿気を溜め込まない構造が、まるで木陰のように爽やかで心地よい住空間を生み出します。 年中快適で湿気にも強い、まさにここ日本の風土に最適な工法です。
カレンダー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
HPリンク
FC2カウンター
イベント情報
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。